株式会社 塩見組

先輩社員インタビュー

西川 昇貴
西川 昇貴
西川 昇貴

仕事の内容を教えてください

今は、全周回転掘削機を使った仕事についています。入社して1年半ほどは工場で働きながら、現場に出るために必要な技術を身につけたり、基本的なことを学びました。

印象に残っている仕事を教えてください

工場勤務のあと、初めて出た現場が熊本地震直後の熊本でした。崩れてしまった鉄塔の鉄板敷きなどのために1週間、滞在しました。道路に亀裂が入り、余震は毎日。朝6時に起きて、深夜3時まで仕事をすることもありました。ライフラインが絶たれていたため、4月でまだ肌寒い時期なのに1週間水風呂でした。本当に大変な現場でしたが、誰かが復旧作業をしなければなりませんからね。いろいろな意味で、印象に残っている仕事です。

これまでを振り返っていかがですか?

入社して5年。仕事にも慣れてきたし、今は毎日が楽しいです。出張も多いですが、知らない土地に行くのは好きだし、行った先で美味しいものを食べたり、観光したりして楽しんでいます。見る風景が違うのも、新鮮でいいですよ。

資格も取りました。玉掛けといって、クレーンの荷を吊る役の資格から始まり、バックホー(ショベルカー)の運転資格も取りました。今はクレーンの資格取得を目指しています。 将来は、やっぱり職長になりたいですね。

西川 昇貴

就職を考えている人にメッセージをお願いします

高校時代は保育士になれればいいな、くらいの気持ちで保育科に通っていましたが、特にやりたいことはありませんでした。多分、同じような人は多いんじゃないでしょうか。これは自分の経験から言えることですが、悩んでいるなら、とりあえずなんでもやってみたらいいと思います。やってみないと、その仕事が自分に合っているかどうか分かりませんからね。