2020年10月21日

弊社杭抜き事業への新規参入を日本経済新聞に掲載頂きました

従来より施工してきた障害撤去の経験と技術を基に、コベルコ社製TK750Gとアボロン社杭抜きオーガのハード購入によって更なる幅を持たせた杭抜き施工が可能となります。

地中埋没物撤去技術協会ヒロワークKmighty工法の関係各社様と協力し、更なる成長を目指して参ります。

【日本経済新聞】

塩見組、再開発 くい抜き工期半減 騒音も低減

 

 

その他の新着情報

2021年03月22日

北九州市防災協会より感謝状

   令和3年3月8日に北九州市防災協会から防災思想の普及高揚に努められたということで感謝状をいただきました。…

この記事へ ▶

2021年03月03日

杭抜き本格参入!テレスコクレーン(TK750)を搬入

弊社響町に杭抜き用テレスコピッククレーン(TK750)、アボロン社製杭引抜き用油圧オーガ(AG12000)そしてケーシング(φ1,000)が新規に搬入され、機械の安全祈願が執り行われました。 …

この記事へ ▶

2021年02月02日

新型三点杭打ち機(DH658)搬入

弊社響灘本社ヤードに新型DH658三点杭打ち機が搬入され、昨日、機械の安全祈願が執り行われました。新型三点杭打ち機の導入は平成21年3月以来となります。三点杭打ち機は弊社では主に地盤改良工事に使用され当分は三点杭打ち機4台体制で営業していきます。これからも安全…

この記事へ ▶